Home » 相続税対策のための不動産売却

相続税対策のための不動産売却

相続をする場合には、相続税のことも考えておかなければなりません。相続税は税金の中で一番高い税金になりますので、できるだけ相続税を避けたい所です。そこで、不動産売却をして相続税の支払いを最小限にする方法があります。まず、基礎控除額ですが、3,000万円+(600×相続人の数)で求めます。相続人が3人であれば、3,000万円+(600×3)になりますので、4,800万円が控除額です。つまり、4,800万円未満の金額を相続する場合には、税金は支払わなくても良いことになります。相続人が多いほど基礎控除額が増えていき、逆に相続人の数が少なければ基礎控除額が減少していきます。
では、5,000万円の価値がある不動産と4,000万円の現金がある場合にはどうでしょうか。この場合には、5,000万円の不動産を売却することで、税金対策になります。相続人が3人までなら4,800万円の控除になりますので、不動産を現金化することで十分な対策になると言えるでしょう。
上記の例のように、もし資産を合せて基礎控除額よりも多い場合には、不動産高く売ることで現金化しておいた方がいいでしょう。中には、不動産を被相続人名義にしたままで相続が行われ、税金が支払えずに破産したと言うこともあります。
不動産売却をして、現金化することで、生前贈与をすることが出来ます。生前贈与をする場合には、税金がかかることもありますが、生活費に使ったり養育費などに使う場合には税金がかかりません。

Name of author

Name: Damon